上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろんなことを考えさせられるドラマでしたね。
特攻隊の兵の気持ちなんて、普通の戦争ドラマじゃ語られる事のなかった
大きなテーマだと思います。
それに、まだ終戦から60年しか経ってない事を深く感じました。
戦争だけは二度としてはいけない。
今後もそれだけは決して変わらない事実です。
ドラマを通じてその事をはっきりと再確認しました。

では、肝心の中身の感想を。
まず、金太がかわいかったですね~
最初坊主になったと聞いた時には散々大騒ぎをしてたのが嘘のようです。
めちゃくちゃ坊主姿が似合ってるし、アニキの後をずっとついていって
かなりかわいいー
事故に合う前の髪も似合ってて素敵だったしね

一番じんと来たのは「明日出撃に行く」と言った時の金太の表情。
もう切なくて涙が出そうになりました。
私の中ではあそこが一番山場です。
もう戦争が終わるというのに。
いつの時代も、大切なものを守るために命をささげる姿勢は
すごいと思います。
そしてぐっさんの「生まれ変わったらまたコンビ組んでくれるか?」という
セリフも好きだった。
最後の漫才も輝いていましたね。
ラストシーン、以前映画版をTVで見ていたので知ってたんですが、
それでも悲しかった
やはり個人的には二人で漫才を続けていってほしかった。
今度生まれ変わるまで何年かかるか判らないけど、
それでももう一度二人が出会えることを望みます。

最後に。剛君の演技がとにかく素晴らしかった
これが他の役者さんだったら、ここまで感動したかというとわかりません。
金太の切なげな表情がよく現れていました。
本当、いつの間にここまで上達していたとは、ビックリです。
(荒神、行かなかったからなぁ~)
剛君はもっとドラマとか出てもいいんじゃない?
かなり惚れ直しましたよ、私剛君最高ーっ(叫)
さー、後でメイキング見ようっと。

てなわけで、ネクジェネはまだ聞いていないので、明日。
ただ新曲だけは一足先に聞きました。
感想は下に
... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。