上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初日に行きましたよ>親指さがし。
ぶっちゃけ初日に行った映画は、これが初めてです。
もうどれだけ楽しみだったのかわかるようですね(笑)。
健君からの直々のメールもきましたしね♪
客層は案外老若男女とわず、というかんじで。
意外に子供や男子学生が多かったことがびっくりです。
で、今ネタバレ&考察付き感想を書いています。
なので、ここではネタバレ無しの大まかな感想を。


いやー、良かった!
一言でいうと、それ以外思いつかないんですが……
何がよかったって、やっぱり演技力です。
武の純粋すぎる想い、そして心の闇というものを十分表現できていたと
思います。
こういう目で語らせる役って、健君上手いんですよねぇ~。
サトルといい、素晴らしいです!

でもストーリーには、ところどころ粗があるというか……。
終わってから考えると、「え?ここってどういう意味だったの?」という
点がちらほら見られたように感じます。
あの結論だけで片付けるには、ちょっとしんどいかも。
まー、わからないところは「呪い」で誤魔化しちゃうことにしました。
じゃないと、全然解決が浮かばないんで(滝汗)。

とにかく、近い内にもう一度観に行きたい映画だと思いました。
すべてを知ってから観直すと、やっぱり受け取り方が全然違うものに
なるのかなぁ~と思うので。
その証拠に、ビジュアルブックを読み直すと、
「この本、すごくネタバレしすぎじゃねぇ?」と思うところが
たくさんあったので。
しかし、例の仕掛けというやつ……終わった後に気づいてよかったです。
あれはいくら何でもやりすぎでしょうねぇ(苦笑)
気づかなかった方は「続きを読む」を開いてくださいね。
その代わり、責任は一切とりませんけど。

とにかくファンの方は一度絶対に行くべきです!
ホラーという不安点はほとんど皆無に近いんで。
多少怖い(というか驚く?)ところはありますけどね。
それよりも健君の演技に引き込まれる作品だと感じました。
さー、今度はいつ行こうかなぁ~?




表紙のカバーをめくって下さい。
裏に赤い斧を持った健君が現れます。
それがこの映画の真実です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gklovers.blog37.fc2.com/tb.php/291-ae4d8023
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。