上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月なのです!つまり、コンサートが始まったのです!
というわけで、早速行ってきました!V6コンサートツアー2008!!
以下、ネタバレ満載なので、それでも構わない方はどうぞ。
まずはセットリストから
セットリスト

1  ?
2  DIVE
~メンバー紹介ダンス~
3  Believe your Smile
4  グッデイ!
5  翼になれ
6  over
(3~6はメドレーみたいな感じ&外周回ってます)
~挨拶~
7  いのっちラップ
8  I Don’t forgive
9  Our Place
10  オレじゃなきゃ キミじゃなきゃ
11 I give smile to you
12 nostalgie
13 VOLTAGE
14  蝶
~MC~
15 SWING
16 常夏VIBRATION
17 プールサイド・マーメイド
~ダンス曲~
18 MUSIC FOR THE PEOPLE
19 TAKE ME HIGHER
20 MADE IN JAPAN
21 Be Yourself!
22 サンダーバード
23 way of life
24 Darling
25 愛なんだ
26 愛のMelody
(18~26まではシングルメドレー)
27 サンキュー ミュージック!
28 LIGHT IN YOUR HEART

アンコール
1  HONEY BEAT
2  心からのうた
3  BELIEVE


挨拶MC(多少のニュアンスの違いなどはご容赦ください)

~挨拶レポ~

剛「大阪初日っていいね。最後まで盛り上がれそうなパワーくれるんだよね」
井「大阪は歌ってくれますからね。
ここ(耳)にイヤモニつけてるんですけど、ちゃんとみんなの声聞こえてるからね」
長「テンションあげられるんですよね」
井「大阪の人ってアゲ上手なんだよ」
剛「アゲマンですから」
(一同爆笑)
井「今日暑いよねー。大丈夫?みんな暑くない?」
健「暑いなら言って」
井「上の方とか暑くない?」
(「暑いー!」との声)
健「まー、暑いってわかっても、何もできないけどね」
井「ハートの問題ですよ」
(ここでリーダーを振り返って)
井「リーダーは大丈夫?」
坂「オレ、寒くなってきちゃった」
(一同爆笑)
岡「最近、リーダー汗かかないよね」
健「汗かいても吸っちゃうんだろうね」
井「リーダー、血圧と体温上げていこうぜ!」
坂「いや、血圧はもう十分高いから!」


今回の演出とデザインはそれぞれ岡田君と剛君が担当したという話。
井「今回の衣装は剛君がデザインしてくれまして。衣装担当だよね」
剛「でもメンバー、良いとか悪いとか言ってくれないんだよ」
健「いや、凄くいいよ」(←とってつけたような感じ)
岡「オレ、良いって言ったよ」
井「オレも良いって言ったよー。
だって、剛がデザインじゃなかったら、オレこんな半ズボン履けないもん」
(そう言って、半ズボンを見せるイノッチ)
井「今までも半ズボン履きたかったんだけど、裏でスタッフにとめられてたんだろうね」
剛「そうだねー」
井「この後も剛君担当の衣装が次々出てきますんで、楽しみにして下さい」
剛「森田コレクションです」
岡「森コレ!?(笑)」


井「で、演出は岡田君中心でやってくれたんだよね」
岡「(一歩進み出て)演出家でーす!」
井「いや、岡田君いいんだよ」
坂「何だよ、その上目線!?」
井「プレーヤーとして、モチベーション上がるんだよ。
オレ、久しぶりに思っちゃったもんね」
健「何て?」
井「踊り楽しいーって!」
(笑)
井「最近の踊りって細かくてついてけないじゃん。
それで、踊りってこんな楽しいものだったんだって思ったよ」


~ここで着替えのため、カミセンが一旦ハケます~


井「で、こっからはトニセンだけでトークしていきたいと思います」
坂「平均年齢一気に上がりました」
(笑)
長「デビューの年から来てくれてる人ってどれくらいいるの?」
(観客から「はーい!」との声)
長「いやー、嬉しいね」
井「こうなったら、最後まで来てね!」
長「何言ってんだよ!最後なんて迎えねーぞ!」
井「(笑)何で半分照れてんだよ!
もうちょっとカッコよく言ってよ」
長「えー!じゃあ坂本君、代わりに見本見せて!」
坂「何でオレなんだよ!?」
と文句を言いつつも、呼吸をおいて言う坂本君。
坂「終わり?そんなもっ…(噛み)、そんな文字オレの辞書にはねーよ」
井「噛んだー!!(爆笑)」
長「何でそこ噛むんだよー!!(笑)」
坂「ちょっと待て!ここはトニコンじゃねーんだぞ!!」
(会場爆笑)
(カーテンの隙間から顔を覗かせる岡田君)
坂「岡田、そんな所で見てるなら、入ってこいよ!」
岡「いや、もう一度ハケようと思って」


今度はトニセンが着替えにハケて、カミセンだけのトーク。
椅子を持って出てきます。
剛「何話そうかー」
岡「何話す?」
(ここで人の話を聞かず、椅子でくるくる遊ぶ健君)
剛「(冷たい視線で)あのー、死んでもらっていいですか?」
健「(笑いながら)お前、そのツッコミはいいけど、死んでってのはないんじゃねぇの?」
剛「すみませんでした!」
岡「で、何話す~?」
剛「じゃ、寝ようか」
岡「何でだよ!?」
健「オレは黙ってるから、二人だけで何か喋れよ」
岡「えぇっ!?健君は?」
健「オレは、おいしいとこだけ入るから」
岡田苦笑。それでも一人で喋りだす。
岡「今回オレが演出して、いつもと違う感じになったんだよね」
剛健「……(沈黙)……」
岡「あれ?剛君ノってない?」
剛「いやいやいや……」
岡「でも、カミセンだけでも他に何かやりたいよね」
剛「え?ジャンケンでもする?」
岡「そっちー?(笑)。いやー、旅でも行ったりしようよ」
健「そうだねー」
なんとなくぐだぐだな空気が漂ってました(汗)。
耐え切れなくなったのか、剛君が後ろを振り返って一言。
剛「てか、絶対(トニセン)着替え終わってんだろ!」
(そのタイミングで、イノッチ入ってくる)
井「で、4人でどこ行こうか?」
健「(笑)その時は井ノ原君がチケット担当だよ」
井「オレかよ!?
いや、チケット取るのはいいけどさー、コイツら絶対金まで払わせようとするだろ」
(ここで坂本君が登場しながら)
坂「じゃあ、オレが用意しようか?」
井「あぁ、旅行代理店だもんね」
坂「オレ出来るよ」


~イノッチの新作ラップ紹介~
岡「この曲はなんと…なんと…………何と!」
井「お前溜めすぎだろ!」
岡「イノッチが作曲してくれました!!」
(会場歓声)
岡「イノッチ、ラップって珍しいよね」
井「初めてだね」
岡「イノッチらしくていいよ」
井「岡田に言われたんだよね。『イノッチ、ラップ作ってくれよ」って」
岡「出来上がった瞬間、握手したよね」
井「というわけで、皆さんも手拍子などで盛り上がって下さい!」


というわけで、次の曲へ。
時間がない(本日もコンサート参戦のため)ので、
本MCとコンサートについての感想は帰ってから追記します!
何か知りたいこと(衣装とか舞台の構成とか映像とか……)がある方は、
よければコメント欄に何か残して下されば、
答えられる範囲で答えますので、遠慮なくどうぞ☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gklovers.blog37.fc2.com/tb.php/370-b9800332
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。